Portlate

Solglaph: Born in Kyoto, I grew up touching with peaces of Japanese histories and traditions.To be fascinated with Japanese primitive cultures, I have visited many of places where are known as places for faith practice since ancient time. I gradually came to think that I want to catch the light of invisible relations and stories between human and nature.Animism is shown in many of primitive beliefs all over the world. Fear to nature created various cultures.The sun is a symbolic energy for both belief and photography. It takes 8 minutes for the light which is generated from nuclear fusion of the sun to fall onto the earth.That is to say, this moment we can capture is projected by the sun light of the past.A hole of a pinhole camera in my hands catch the moment, space and myself to films; It materialize them with quantum phenomenon of tiny photons. It seems like light sculpture on thin films.

Solglaph: 京都に生まれ日本の伝統や歴史の断片に折りに触れた。原始日本についてリサーチする中で、”カミ”が生まれる以前のプリミティブな信仰の地を訪れた。やがて人間と自然の間に存在する目に見えない関係性や物語が生み出す気配を、光を採取したいと考えるようになった。アニミズムは世界中の原始信仰に多く見られ、人間の中に根源的に共通する自然への畏怖は多様な文化を生み出した。太陽は神話、伝承においても写真というメディアにおいても象徴的なエネルギーだ。太陽の核融合が光となって地球に降り注ぐには8分と少しの時差が生じる、人が捉える”今”は既に過去となった”太陽”によって写し出される。時間の刹那は無限に広がり収縮する。手に握るピンホールカメラの穴は、時間と空間とわたしの存在をフィルムに定着させ、量子世界で起きる微細な光子の変化によって物質化する。それは薄い膜に閉じ込められた光の彫刻のように感じられた。